スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生の選択肢

皆様、お久しぶりです! ヒビキソラです♪

大変遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。



近況を書こうと思いながらも、ゲームと違って人生で面白いイベントなどそうそう起こるはずもなく、ブログの更新が完全に止まっていました……。

毎度言っていますが、これはイカンですね(汗)



ちなみに、私の趣味はゲームです。
まぁ、数多ある趣味の一つですが。


ハイテク時代の波に乗り遅れていた私が、初めてパソコンを買ったのが8年くらい前。

そこからほぼ毎日のようにやり続けている、『ハンゲーム

昔はその中の『チョコットランド』という、MMORPGだけやっていましたが、現在は『ハッピーベジフル』という菜園ゲームもやっています♪

過激な要素がないので、おもに主婦のかたが多いような印象のゲームですね。

なにが楽しいのか私にもさっぱりわかりませんが、スポーツ選手がやるルーティンのようなものでしょうか(笑)
やらないと一日が始まらないのです。



それから、『ポケモン』も大好きなのでよくネット対戦などをしています。
とは言っても、最新の『ポケモンORAS』ではなく、一つ前の『ポケモンXY』なのですが……。

プレイ時間がないだろうな~と思って買いませんでしたが、今更ながらに、買えばよかったな~とちょっと後悔。
ポケモンほどおもしろい戦略ゲームを、私は知りません。


まぁ、そんなこんなでいろいろとネタはあるので、今度じっくりブログに書こうかと思います。





んで、ここからが今回の記事の本題!


タイトルにもあるとおり、人生の選択肢です!

お笑い芸人のピスタチオ風に言うと、「どんなっ!?」って感じですね。



私は一応、無料ノベルゲームを作っております。

3作しか作っていませんし、まったく有名ではないと思うのですが、ありがたいことに雑誌にはよく紹介されます。

そんな私に、またまた雑誌編集者さんから、あるお誘いがありました。

(雑誌の編集者さんは、いったいどうやってプレイするゲームを選んでいるのか。謎です)


今度は、漫画の編集者さんから。

出版社などは明かせませんが、その方から――

漫画原作者という仕事をやってみないか?

という、お誘いがあったのです。



最初は、イタズラもしくは手当たり次第に声をかけているのかと思いましたが、じっくり読み込んでくださったことがわかる感想が添えられていたので、すぐに考えを改めました。

セリフの一語一句にキャラクターの想いを乗せて書いたので、その心情や伏線に気づいていただけるのが、やっぱり一番うれしいですね♪



さて、この【漫画原作者】という職業。
もちろん知っております。

というのも、私の好きな漫画の上位に、『デスノート』があるのですが、
「原作 - 大場つぐみ・作画 - 小畑健」となっているのが気になり、昔に調べたことがあるからです。


読んで字の如く、漫画のシナリオを考える仕事ですね。

両方やっている漫画家さんが多いですが、漫画原作者がいる有名作も意外とあります。

『アイシールド21』
『金田一少年の事件簿』
『GetBackers-奪還屋-』
『ヒカルの碁』
『地獄先生ぬ〜べ〜』

なんかがそうですね。


余談ですが、私の絵の才能は天才的です。
全ての人を笑わせることができます。
私が書く人間は大抵、指が6本です。新人類の誕生です。


まぁ、そんな話は置いといて。




結論から言うと、私はその話をお断りしました。


理由は、2つあります。

1、私の年齢はもう若くなく、本業としていくにはあまりにもギャンブル性が高いこと。

2、そのギャンブルに勝てるだけの度胸も、才能もないと考えていること。


要は、私はチキンだったというお話です。


私は漫画が大好きです。よく読みます。

そんな中で思うのは、漫画は大きく二つに分けられるということです。


それは
専門的な知識で描かれている漫画

圧倒的な想像力で描かれている漫画
です。


専門的な知識で描かれている漫画」は――
『美味しんぼ』
『こちら葛飾区亀有公園前派出所』
『名探偵コナン』
『キングダム』
『モンタージュ 三億円事件奇譚』
『ゴールデンカムイ』
『だがしかし』
など。

圧倒的な想像力で描かれている漫画」は――
『北斗の拳』
『ドラゴンボール』
『ONE PIECE』
『進撃の巨人』
『ジョジョの奇妙な冒険』
『デスノート』
など。
※「日常系」もこちらに含まれると思います。本当にただの日常を描いているだけでは売れませんからね。


パッと思いついたものを書いてみました。


『名探偵コナン』なんかは、実際には不可能なトリックが多いですが、知識がなくてはその場面までいけません。

前者の漫画を書くには、知識が必要なのです。



逆に、後者の漫画を書くのに知識はいりません。
自分でその世界の常識を作ってしまえばいいからです。

しかし、そこに求められるのは圧倒的な想像力です。
これはつまり、才能です。



仕事としてやる以上、【漫画原作者】には必ずどちらかが必要だと、私は考えています。

そして私には、そのどちらもありません。
知識は努力で得られるものですが、時間が掛かります。
つまりは、そういうことなのです。





ノベルゲームのように、人生にもいくつも選択肢がありますが、こういう明確な形で登場したのは久々でした。



みなさんだったら、どうしていましたか?



そんな疑問を投げかけたくて、今回記事を書いてみた次第です。

では、また。


テーマ : ブログ - ジャンル : ブログ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント返信

コメントありがとうございます♪
「みなさんだったらどうするか」を知りたかったので嬉しいです!
コメント非公開のようなので、名前は伏せさせていただきますね。



同じ立場ということもあってか、私もまったく同じ考えです。
「SOLAR MEMORYの漫画化」ということであれば大歓迎です!

ですが、本職とするのは本当にギャンブルだと思います。
おっしゃるとおり、それができるのは学生ないしは、二十代前半までだと思います。

若いっていいですよね。
今度シェンロンに頼んで若返らせてもらおうかしら(笑)



余談ですが、同じタイミングで、同人サークルのアダルトゲーム制作の依頼もありました。
そういった話を書こうと思ったことがないので、なんか新鮮でした。

結局そちらもお断りしてしまいましたが、物書きの仕事も多岐にわたるな~と実感しました。

お久しぶりです。7月ごろにコメントをしたろーのです。
僕は絵が上手ではないのであまり物は言えませんが、
そのお誘い、来ただけでも十分すごいと思いますよ。
それだけ、ヒビキ ソラさん、あなたが作ったノベルゲームの出来がすごいということですからね。

まだ成人もしていなく、働いてもいない僕が言うのもなんですが、

「自分のやりたいことを仕事にする」

ことができればこれ以上の幸せはないと思います。
つまり、この先はご自分で決めて大丈夫ということです。

いつかノベルゲームを作るときは、あなたの作った三つのノベルゲームを参考にしてつくってみたいと思います。

すべてにおいて、あなたのことを応援しています。
これからも頑張ってください!
(僕は受験生なのであまりゲーム制作ができません...。そして、「SOLAR MEMORY」をプレイした後、初めてウディタというものをいじりましたが、予想以上に難しく挫折しました...。)

長文、失礼しました(=_=)

コメント返信

ろーのさん、お久しぶりです♪ いつもありがとうございます(*´∀`*)♪


おっしゃるとおりだと思います。
「自分のやりたいことを仕事にする」
これはとても幸せなことでしょうね。

実際に仕事にしている人に言わせれば、好きだったのに嫌いになってしまう可能性もあるのかもしれませんが、それでもその道を選べたことを羨ましく思います。



「ウディタ」ですか。たしか、RPGとかを作れるやつですよね?
私も「青鬼」や「Ib」のような探索ゲームを作ろうかと思って調べたことがありますが、難しそうなのですぐにやめました(;´∀`)

それに比べて、ノベル制作はすごく簡単ですよ。
私は「吉里吉里」というツールを使っていますが、ほとんど使いこなせていません。
「動けばOK!」という考え方なので、他の人の作り方とか見てもまるで解読できませんからね(笑)

それでも「SOLAR MEMORY」くらいの見栄えにはなります。

ちなみに、極めれば「Fate/stay night」や「G線上の魔王」のような市販ソフトもこれで作れます。というか、作られています。


ノベル制作に興味がおありなら、まずは「Yuuki!Novel」というツールをオススメします。

パソコンすらろくに使えない私が、最初に挑戦したノベル制作ツールなのですが、雰囲気を掴むにはバッチリでした。
私はここで、自分の文章がゲームになったことに感動して、以来ノベル作りの虜になりました。



また、応援の言葉も大変嬉しく思います!
ろーのさんは受験生ということで、こちらこそ応援しております!

毎日の勉強や、親類からのプレッシャーなどで押しつぶされそうになることもあるかもしれません。

ですが、人生で道を選べる機会というのはそう多くないものです。
「めんどくさいからテキトーに」を選ぶと私みたいになってしまいます。

受験生のような頑張っている人に頑張ってと言うのは適切ではないかもしれませんが、
気楽に、適度に緊張しながら頑張ってください!

陰ながら応援しております。


またいつでもコメントくださいね☆
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。