スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺屋 彩未

おすすめ度:★★☆☆☆


ここ数年の北海道のラーメン雑誌を見ると、必ず1位になっているのが、このお店――

麺屋 彩未
151212_1806~01
↑みそラーメン


11:00~15:15
17:00~19:30(L.O.)

それほど大きなお店ではなく、30人くらいしか座れない。
その割には店内に広めな待ち合い室があり、15人くらいは待てる。

しかし、それでは到底入りきらず、店外に長蛇の列を作るのがこのお店。

行くなら、16:45までには到着しておくのがベスト。

また、10台くらいしか停めれない駐車場には警備員までいる。


それくらい有名店であり、北海道の人気ナンバー1のラーメン店と言っても過言ではない。

100人中、90人は「うまい!」と言うのではないだろうか。



しかし、私は少数派の10人の内の1人だ……。

というのも、私は癖のあるものに旨さを感じるので、彩未のラーメンを食べた感想は、「普通」だった。



写真を見てわかるとおり、具もシンプル。
麺は黄色ちぢれ麺。
札幌ラーメンの火付け役的な存在、「純連」系列と同じく、ショウガが効いている(乗っている)。

まさに、札幌ラーメンらしい一杯であり、万人受けすること間違いなし。


だからこそ、私は個性を感じなかった。

言い方を変えるならば、
「コクがない」
「パンチが足りない」
「出汁の旨味を感じない」
「中毒性がない」
といったところだろうか。


ここのラーメンは、毎日でも食えるだろう。
それくらい特徴がない。
だから、飽きもこない。

しかし、「毎日食いたいラーメン」ではない。

明日行っても食べれるラーメン」だが、
明日も食べたいラーメン」じゃない。



私が好きなラーメンは癖が強いので、苦手な人は評価1を付けるだろう。

だが、ここのラーメンは評価1を付ける人はいないであろう。


万人受けするラーメンを作る。

これがラーメン屋として成功するコツなのかもしれない。




スポンサーサイト

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

ラーメン櫻島(本店)

おすすめ度:★★★★★


ラーメンのブログを書く以上、ここは外せない。
というか、本来は一番に書くべき記事であった。

ラーメン櫻島
05.jpg
※撮っていなかったので画像引用。

行くのが当たり前すぎて、今まで一度も写真を撮っていなかった(汗)


私が今まで食べた中で、おそらく一番好きなラーメンである。


ただ、これは鹿児島ラーメンであり、旅行者には勧められないのがネック……。
札幌に来たらやっぱり味噌ラーメン食べたいですよね(汗)



余談ですが、私は若いころ北海道から沖縄まで一人旅をしたことがあり、当然鹿児島にも行ったのですが、ラーメンは食べませんでした。
今になって悔やまれる。

そんなわけで、本場の味は知りません。
wikiによると、鹿児島ラーメンのスープは主に豚骨ベースとのことですが、『櫻島』のはそんなに豚骨を感じませんでした。

これは私の豚骨のイメージが、博多ラーメンのような臭みのあるものだからかもしれません。
『櫻島』のラーメンはどちらかというと、鶏ガラっぽいイメージです。

独特の臭みはほとんど無く、コクはあるけど、とろみは無い。
そんなスープです。


麺は細めなストレート麺。

標準搭載のチャーシュー3種も、食べ比べができて嬉しい。
どれも口の中で噛まずにホロホロ崩れるやわらかさ。

高菜(?)も良いアクセントになっています。

スープが波々入っているので、大盛りにしなくても腹いっぱいになる。


正直、ブログを書いてるだけで食べたくなる、そんな中毒性のあるラーメンです。





豚骨がどうしても苦手というかたは、「鯛ラーメン」もおすすめです。
塩味だけどコクがあるので、薄くて物足りないということはなく、さらに鯛がほのかに香り、食欲をそそります。

あと、ラーメンの出汁や角煮を使用した、「カレーライス」も悪くない。
絶品というほどではないが。




スープが無くなり次第終了で、時間帯によっては店の外で並ぶことになる(店内が狭いので)

また、店舗隣に駐車場があるが、4台くらいしか駐められないので注意。
おおっぴらには言えませんが、道路を挟んで向かい側に、キャンドゥの駐車場があります。




テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

らーめん桃福

おすすめ度:★★★☆☆


札幌市北区新琴似七条14-4-27 にある――

らーめん桃福
160316_1942~01
↑みそチャーシュー麺(だったはず)
160117_1931~01
↑ネギみそラーメン(だったはず)


新琴似の奥地にある、カウンターのみの、古くて小さなお店。

外観もそうだが、店内もなかなかのレベルであり、「とんねるずのみなさんのおかげでした」の「きたなシュラン」で出てきそうなお店である。

おそらく、なんの情報も無しには絶対入らないであろうお店だ。
ちなみに私は、友人の紹介で知った。



そんなお店だから、気難しいご主人かと思ったが、そうでもない。

「北の国から」に出てくるような、「まだ息子が食ってる途中でしょうが!」と怒鳴りたくなるような対応はされないのでご安心を(笑)



ラーメンはご主人が一人で作っており、出てくるまでには少々時間がかかる。

しかし、待つだけの価値はある。
とても店構えからは想像できない、こだわりのラーメンが出てくるからだ。

見た目のインパクトはないが、香ばしいチャーシューや、柑橘系の香りなど、こだわって作られているのがわかる一杯。



繁華街である麻生から離れているし、駐車場もないのに、どうやら盛況な模様。
それだけファンが多いのであろう。

このご時世に、口コミのみで広まるお店というのは本当に珍しい。



テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

RAMAI&ブタキング

今回は、北海道の残念なお店を一つご紹介。



Asian Bar RAMAI / アジアンバーラマイ
140604_1800~01
※今回画像を撮り忘れたので、以前撮ったものを貼っておきます。


残念なお店という紹介だが、「まずい」という意味ではない。

常連だったのに、質が落ちて残念という話だ。


ラマイは、札幌に本店があり、横浜や大阪にも店舗のあるスープカレーのチェーン店。

テレビでも紹介される有名店であり、野菜の量が多いことや、スープ・ライスを無料で大盛りにできることから、学生など若いお客さんが多いように思う。



私が初めて食べたのは、北海道の千歳店。
それ以来ハマってしまい、札幌の店舗に足繁く通っていた。


スープの美味しさは正直、普通だ。
というのも、私は癖のある食べ物が好きだ。
だから、ここの特徴のないスープでは少々物足りない。


では、なぜ通っていたか?

それは、この店の肉がうまかったからである!


チキン・ポーク・ビーフなどがあり、スープカレーといえば定番はチキンなのだが、この店はポークがオススメ。
オージービーフとは真逆の、噛まずとも溶けるような柔らかさ&脂身。


なので、スープカレーはおまけで、いつも肉を食べたい気分のときに行っていた。


……なのに先日食べたら、その肉が縮小&固くなっていたのだ。




実は、同じ理由で嫌いになった店がもう一つある。

以前紹介した、二郎系ラーメンを出している――

ブタキング
130212_1658~01
である。
※これも古い画像。


ここも二郎系ラーメンとしては微妙だが、とにかく肉が巨大でやわらかかったのに、大きさが半分くらいになっていた……。
(いつもとは違い、大麻店で食べたので、もしかしたらそのせいかもしれないが)






飲食業界全体がキツく、少しでも原価を下げようとするのはわかる。

しかし、客は美味しいものを食べに来ているのだ。

だから美味しくないと思った店にはもう行かなくなる。

このご時世、同じ食べ物を出す店はいくらでもあるのだから。


正直、値段を上げてでも、質は維持してほしかった。


どちらのお店も、あのやわらかい肉を食べられないかと思うと残念でならない……。



テーマ : カレー - ジャンル : グルメ

天下一品

おすすめ度:★★★★★


私の数多ある趣味の一つが、食べ歩きである。

携帯の中には、どの店で撮ったかわからないラーメンの写真がごまんとある。

いつかは全て紹介したいと思っているが、味を覚えていないものも多い……。

今回は、最近おいしかったお店を一つご紹介。


天下一品
160416_1952~01

言わずと知れた超有名チェーン店。

もう創業数十年になるらしいが、実は北海道には1店舗しかない

札幌にあるその1店舗も、2年くらい前にオープンしたばかりという代物だ。

『アメトーーク!』でも、天下一品芸人が放送されるほどメジャーであり、本州の人にとっては「何を今更……」という感じだが、道民にとっては珍しい店なのである。



私も以前から名前は知っていたし、オープンしたのも知っていた。
しかし、いつも失念していた。

そんなわけで、先日ようやく訪問。


はっきり言って、大好きな味であった!


もともと私は、札幌ラーメンの黄色ちぢれ麺より、博多ラーメンのようなストレート麺のほうが好みだ。
それに加えて、ちょっと癖のある食べ物が大好き。


天下一品は、鶏ガラベースのこってりラーメン。
鶏ガラベースなので、博多ラーメンほどの獣臭さはない。
しかし、味は濃厚。
麺はストレート。
シチューみたいなドロドロスープを想像していたが、そこまでではない。


文章では味を表現しきれないので、ぜひ一度食べに行ってもらいたい。



すすきのではあるが、提携の駐車場が目の前にあるので車で行ける
満車の場合、別の駐車場に停めても対応するとお店の人が言っていた。
一人でも客を逃さない姿勢はさすがだ。


テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。