スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポックリが鳴った夏の制作秘話

おはようございます・こんちにわ・こんばんわ。ヒビキソラです(`・ω・´)


皆様、もう自作サウンドノベル第2弾『ポックリが鳴った夏』はプレイして頂けましたか?
まだプレイしていない人は、プレイ後に今回の記事をお読みください。ネタバレしますから!










――以下から、ネタバレ含む――

ではまず、何故この作品を作ろうと思ったかと言いますと、
ノベル第2弾(春を季節テーマにした作品)の制作に息詰まってしまったからです(´Д`;)
それで気分転換に、短編物でも作ってみようかなと思い当たった訳です。

では何故この「晃子のポックリ」を選んだのか。
それは、なんていうweb漫画か忘れましたが、その中に「ツンデ霊」(ツンデレな幽霊)なるキャラが出てきていて、それが非常に可愛らしかったからです。ええ。
それでグーグル先生に「ツンデ霊」を調べてもらったら、この「晃子のポックリ」という投稿を見つけたという訳です。

描こうとしていたツンデレキャラとはだいぶ違いましたが、それでもシナリオが私好みだったので、ノベル化させて頂きました。
本来は、「あんたバカぁ~!?」みたいなツンツンしたキャラを描こうと思っていましたww



また、当初は実写背景を使った、立ち絵もない簡単な短編ノベルにするつもりでしたが、「それではあまりにも簡素だな~」と思ったので、イラスト背景&立ち絵を付けてみました。
これは正解だったように思います。
何故なら、とても綺麗なイラスト背景をお借りする事が出来たからです。
それにより、この作品のノスタルジックな雰囲気を出す事に成功したと考えております。

お借りしたのは、イラスト素材として提供している背景ではなく、pixivや個人ブログに載せている絵です。
それらをお借りできたのは、まさに幸運でした。



シナリオに関しては、原案を読んで頂いた人なら分かると思いますが、相当加筆しました。
涼の悩み』・『大将というキャラ』・『秋子との思い出』等など。

……実を言うと、この作品も『SOLAR POWER』同様に、お蔵入りにしようとしていました。
原案通りに制作してみたところ、あまりにも短すぎて短編にすらならなかったからです。
悩んだ末に大将というキャラを生み出しましたが、それでもラストが纏まらず、已む無く一回そういった旨の記事を書いたほどです。

「作り掛けのこのデータを誰かに譲渡します」と。

ですが、ノベル制作を頑張っている人達の存在や、応援してくれた人達のおかげで、考えを改め、なんとか完成させる事が出来ました。
改めてお礼申し上げると共に、その記事を読んでしまった人には心よりお詫び申し上げます……(´;ω;`)



さて、今作の出来ですが、私個人としては実は『SOLAR POWER』より気に入っております!

先程述べたとおり、イラストが素材ではないからという点もありますが、"ノベルの作り方"というのが分かって実践できたからです。

画面上部にあるメニューも見やすく・使いやすいように改良したり。(右クリックでメニューが開かないのはわざとです。綺麗なイラストを一瞬で見れるようにする為です。私はメニューを開いてからテキストウィンドウを消すシステムがどうも好きじゃないのです。2回クリックするのがめんどくさくてww)

文字も読みやすいように「!」「?」の後は、一つ空白を開けたり。(前作はこれがないから読み辛かった)

テキストウィンドウをオリジナルにしたり。(イメージは、"花火"と"蛍"と"ポックリ")

タイトル画面に動きを付けたり。

タイトル画面にボタンを付けたり。(前作は選択肢という形だったので、右クリックで消せてしまった)

ED後のタイトルを変わるように固定したり。(前作は、背景としてED後に出すだけで終わってしまった)

ED後のタイトルに「あとがき」を加えたり。(前作は、セーブしないと読み返せなかった)

フラッシュバック演出をしたり。

回想シーンの色を変えたり。(前作はこの考えがなかったので、回想シーンは背景が単色だった)

バックログの文字を小さくして、過去の会話に辿り着きやすくしたり。


あと、前作を実況してくれた人の動画を見て――
実況してくれた人、全員の動画を全部見させて頂きました。本当にありがとうございました♪

漢字が読めないという声が多かったのでふりがなを振ってみたり。

実況しやすいように場面の移り変わりの時間を短くしたり。

EDを飛ばせるようにしたり。

BGMやSEの音量がバラバラなのが気になったので統一したり。(今作のラストシーンのポックリの音は、臨場感を出す為にイヤホンの左側からだけ聞こえるようにしています。気付きました?ww)
※注意:EDムービーの音量調節が出来ない事や、ラストシーンのBGM序盤が音割れしてしまっているのは仕様です。申し訳ありません。直せませんでした。

会話の中にある複線に気付いてもらえない事が多かったので、漫画みたいに、複線となる文章の上には「・」を付けてアピールするようにしたり。

不評だった"ギャグ会話"を廃止したり。


とにかく"読んでもらう"という事を意識して作れたので、そういった点は前作より気に入っています。



ただ、前作より気に入っていない点があるとすれば、それは"ミスリード"についてです。

「正直これはミスリードでもなんでもないだろ!」という声をデバッカーの人にも頂きましたし、プレイヤーの皆様もそう感じたでしょう。
はい、制作者の私自身もそう思います(´Д`;)これはミスリードになっていません。

秋子が死んでいるという事実を隠すうまい方法が思いつかなかった事。
原案の形を少しでも残したかった事。
涼が何故秋子の家に行くのを躊躇っているのかをプレイヤーに悟られても構わない、むしろそのほうがいいかもと思っていた事。
等が今回の形になった原因です。

もしいつか時間があったら、"究極のミスリード"という形で、別の作品でリベンジしたいなと思った今日この頃です。



おそらく、今作は前作以上に賛否両論になるのではないかと予想しております。

短編である為に感情移入し辛い事。
前作の「誠と空」のように、涼は秋子に恋愛感情を懐いている訳ではない為に(近いものは懐いているのでしょうが)、ラストの盛り上がりには欠ける事。
秋子や世界に大きな謎や秘密がある訳ではないので、地味になっている事。

それらは読み手によって、受け取り方が大きく変わってくると思います。
ちなみに、前作同様のデバッカーにプレイしてもらいましたが、4人共評価は「普通」でした(´;ω;`)ぶわっ……。
前作は「良かった」3人。「普通」1人だったのに。


ですが、先程のとおり私個人としては、今作の"会話の中にある複線"・"台詞"・"システム面"は前作以上に大変気に入っておりますし、嬉しい事にそれを評価してくださっている方々もいます

なので、この作品、果たしてどこに向かうのかまったく分かりませんww
一つお願いなのは、あまり虐めないであげてね? ガラスのハートが粉々になっちゃうからww



なんか制作秘話っぽくなくなっちゃいましたね(´Д`;)
え~っと書きたいのはこんなものかな。
他にも何か聞きたい事ありましたら、気軽にコメントくださると嬉しいです☆
それでは、本作をプレイしてくださった皆様。
こんな記事を読んでくださった皆様。
本当に、ありがとうございました!!

では、また~♪



ヒビキソラ
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム - ジャンル : ゲーム

♪ 短編ノベル完成 ♪

短編ノベル完成(*゚∀゚*)わぁ~! パチパチパチッ!


え~っと、作っていた短編ノベルが完成したので記事に致します!
軽く概要を書いておきますね。



.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。.:*.。o○o。.*:.

タイトル:『ポックリが鳴った夏

サムネイル



あらすじ
25歳の男性『涼』は、都会で仕事に追われる日々を送っていた。
しかし、思うようにいかず毎日失敗の連続。
もう気持ちが下を向いてしまっていた。

そんな折、母親からお盆の帰省を促す電話。
初めは帰る気のなかった涼だが、電話越しに懐かしい記憶が蘇り、考えを改める。

数年ぶりの故郷で待っていたのは、温かい人々と、忘れかけていた幼馴染み『秋子』の想いだった。

仕様
・ジャンル:恋愛系。
・プレイ時間:45分程度。
・サウンドノベル。
・選択肢無し。
・EDムービー有り。

:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。.:*.。o○o。.*:.



無料でダウンロード出来ますので、是非よろしくお願いします♪

DLはこちらから⇒『ふりーむ!



近いうちに、制作秘話なんかをブログに書こうかと思います(*´∀`*)

では、また♪

テーマ : ゲーム - ジャンル : ゲーム

tag : ポックリが鳴った夏 フリーノベル ゲーム 田舎 感動 短編

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。