スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケモンXY レート5位

そういえば、一度も記事にしたことないが、私が一番好きなゲームは――
ポケットモンスター
maxresdefault_20160713225823229.jpg
である。


小さい頃、世の中で「ポケットモンスター」というものが流行る前。

父親と釣りに行く前に寄ったスーパーの2階のおもちゃ屋さんで、初めて目にしたパッケージ。

ガラスケースに入ったそれを、なぜ購入しようとしたのか分からない。
たぶん、ゲームボーイのソフトならなんでもよかったのだと思う。

私は、緑を購入した。

釣り竿を垂らしながら、車の中でゲーム。
アウトドア派なのか、インドア派なのか、よくわからないのは今も昔も変わらない。

当時はレポート=セーブということすら分からず、毎回リセットされるゲームだと思って遊んでいた。

だから、自転車を手に入れて移動速度が急激に上がった瞬間は、奇声をあげた。
ふぉぉおお~!」と言ったのを今でも覚えている。


それから徐々に周りでもポケモンが流行りだした。

水風船」を「モンスターボール」だと言い張り、
スズメ」を「ポッポ」だと嘯き、
追い回した。


そして、インターネットを使える子供など、ほとんどいない時代。

子供たちの愛読書「コロコロコミック」により、伝説のポケモン「ミュウ」の存在を知った。
150匹しかいないはずの、151匹目。

東京に行ったり、特別なことをしないと貰えない幻のポケモン。

どうしても欲しかった。
北海道の子供たちは躍起になった。


そして誰が言い出したか――
おい! しばらく冷凍庫に入れてたらミュウが出るらしいぞ!

……今にして思う。

お前なに言ってんだ!?

しかし、当時の私は――

「マジか!? スゲー!!」

帰宅してすぐに実験。

よくソフト壊れなかったと思う。
意外と頑丈なんだよな、あいつ。



当然、ミュウが出るわけもなく――
次に流れた情報が、レベルを一瞬で100にする裏ワザ。

アイテムの11番目で、セレクトボタンを11回押して、うんちゃらかんちゃら。
みたいな情報だった気がする。

この情報は事実だった。
本当、子供の情報源はいったいどこなのだろうか。
七不思議の一つである。

情報どおり、私もレベル100にすることが出来た。

余談だが、そのときに152匹目の「ケツバン」という謎のポケモンまで生まれ、仲間内で話題になった。
見た瞬間に、強制リセットという恐ろしいポケモンであったが……。


とにかく、そんなこんなで楽しんだポケモンだったが、
「ミニ四駆」
「ビーダマン」
「デジモン」
「遊戯王カード」
などなど、子供が遊ぶおもちゃは山程あり、次第に廃れていった。





私が再びポケモンを手にしたのは、10年後――
ポケットモンスター ダイヤモンド・パール
main_2.jpg
になってからのことだ。

ポケモンというのは不思議なもので、どこからともなく情報が入ってくる。

私の耳に入ってきた情報は――
最近のポケモン対戦は、頭を使う戦略ものらしいぞ!
というものだった。


将棋など、頭の使うゲームが好きな私は――
「ほほう。試してやろうではないか!」
と、食いついた。

頭を使うゲームは、決して得意ではない。
将棋などコンピューターに勝った試しがない。
でも、好きなのだ。



噂どおり、ポケモン対戦は将棋に似ていた。

子供の頃のポケモンのイメージは、「ふぶき」や「かみなり」などの威力の高い技を打てば勝てるゲームだった。
しかし、それはコンピューターが相手だからであり、また、ポケモンのレベル差があったからである。

お互い50レベルのポケモン6匹を見せ合い、その中から3匹選んで戦わせる、「シングルバトル」。

強いポケモン・戦略があるが、それを封じる手も無数にあり、そしてそれを止めるポケモン・戦略も無数にある。
その繰り返し。

子供の頃ほとんど使わなかった、「どくどく」や「でんじは」などの状態異常が重要になってくる対戦。



ポケモンバトルレボリューション (Wii)
51RMDB6Z6QL.jpg
で、ネット対戦ができるようになり、対戦動画などがネット上にあがるようになってからは、ポケモン熱が本格化した。

相手の一つの行動から思考・性格を読んで、裏をかく。

ちゃんと理論立てて説明してくれる人のポケモンバトルは、本当にかっこよかった。

それに憧れて、数分の空き時間があればポケモンバトルをする日々。


育成の時間が取れないだろうと思い、現在出ている最新作――
ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア
img_06.png
は買わなかったが、前作――
ポケットモンスター X・Y
pokemon-xy-eye.jpg
では、対戦し続けた。

なかなか時間が取れないシーズンもあったが、今シーズンは結構対戦した。

そしてタイトルのレート5位に入ることができた。
amarec(20160709-213451).jpg

と言っても、前述のとおり、みんな新作に流れてしまった環境なので、謙遜ではなく本当に大したことはない。
戦績も、357勝201敗。

レート2000から本番と言われるのがポケモンバトルだ。

しかし、このまま対戦を続けて順位が下がり、公式ページから消えてしまうのも勿体無いと思ったので、今回記事にしてみた。


また、自分の過去を話すのは、意外と楽しかった。
「あ~、自分はホントにバカだな~」と再認識。




ちなみに今年、2年ぶりの新作――
ポケットモンスター サン・ムーン
00000289_820_462.png
が発売される。

育成も対戦も時間がないかもしれないが、是が非でも欲しいところである。



テーマ : ポケットモンスター - ジャンル : ゲーム

アニメ化してほしい漫画

前記事で、今期アニメ化された漫画――
ReLIFE
Relife_manga.jpg
が昔から好きだったと書いたので、ついでにアニメ化してほしい漫画をいくつかご紹介。



今一番アニメ化して欲しい漫画は――
徒然チルドレン
4175484l.jpg
ですね。

短編4コマ漫画ですので、5分アニメになるかもしれませんが、この甘い雰囲気はアニメでも活きると思います。(新人声優さんじゃなければ……)

作者が男性ということもあってか、男は思わずニヤニヤしてしまう恋愛漫画。
擬音を喋るようなコテコテの萌えではなく、正統派の萌えと言いましょうか。
少女漫画のように生々しくなく、ギャグ寄りの笑える恋愛漫画です。

今よりもっと多くの人に知ってもらいたい漫画の一つですね。





次は――
彼方のアストラ
SHSA_JP01PLUS00004026_57_custom_image1.jpg
絵柄を見て気づかれた方もいるかもしれませんが、以前、週間少年ジャンプで連載していた――
SKET DANCE
69265eb93a25ab7d8a9180eb18be87f91301520977_full.jpg
と同じ作者のWEB漫画ですね。

私は少年じゃなくなった今でも毎週欠かさずジャンプを読んでいますが、
『SKET DANCE』は一度も読んだことがありませんでした。

なので、この『彼方のアストラ』を読んでいるときも気が付かなかったのですが、WEB漫画にしては妙にギャグがキレキレですし、展開も完璧だったので、調べて納得でした。
さすがに他とは違うな、と。

気になって、現在『SKET DANCE』も読み始めているくらいです。
……でも、ストーリー性があるぶん、彼方のアストラのほうがおもしろい
あと漫画でのメタ発言は、ギャグでも笑えない。


■簡単なあらすじ■
今より科学が発達した時代。
高校の行事で、惑星キャンプをすることになった数名の男女。
課題は、生徒だけで数日間過ごすこと。
楽勝に思われたそのキャンプだが、到着早々、突如として現れた謎の球体に飲み込まれ、メンバー全員宇宙空間にワープさせられてしまう。
なんとか近くにあった難破船に乗り込み、事なきを得るが、そこはキャンプ地より遥か離れた場所で……。

という、少年少女のサバイバルもの。

昔HNKでやっていたアニメ――
無人惑星サヴァイヴ
4775305832.jpg
なんかに近いのかもしれませんね。(私は見ていませんが……)

まだ10話しか出ていませんが、期待大です!


余談ですが、同サイトで連載しており、記事でも紹介した――
ファイアパンチ
SHSA_JP01PLUS00003830_57_custom_image1.jpg
は、正直期待ハズレでしたね……。
ダメだった理由は、記事に追記しておきました。






次は――
ゴールデンカムイ
81J1zQ3D0PL.jpg
です。

■あらすじ■
日露戦争(明治37年)に従軍した元陸軍兵・杉元佐一は、戦死した親友の「妻の眼病を治してやりたい」という願いを叶えるため、一攫千金を夢見て北海道の地を踏み砂金を採っていた。
ある日杉元は、アイヌが秘蔵していた八万円(現代の価値にして約8億円)相当の金塊の噂を耳にする。
アイヌから金塊を奪った男・のっぺらぼうは、収監された網走刑務所の獄中で、同房の囚人たちの体に全員合わせてひとつとなる入れ墨を彫り、金塊の隠し場所の暗号にしたという。
その後その囚人たちが脱獄したという話を聞きつけた杉元は、金塊探しを決意する。


といった、歴史冒険漫画です。

「このマンガがすごい! 2016」 第2位
「マンガ大賞2016」 大賞
など、既刊7巻にしてかなり注目されている作品。

また、北海道のアイヌをテーマにしていることから、「北海道新聞」なんかでよく取り上げられているのを、私も目にします。
このブームを受けて、アイヌ料理を出すホテルも出てくるほど。


メインは冒険ものではありますが、そういった関係各所に後押しされるほど、アイヌの暮らしもよく描かれているのです。

特に、アイヌの狩猟方法、またそれをどう調理するかは非常に具体的です。
また、漫画ならではのリアクションもあり、動物の脳みそを生で食べるシーンなんかは、顔芸とも言えるおもしろさです。
そして、ヒグマが襲ってくるシーンは漫画史上一番よく描かれているのではないでしょうか?

これアニメにしたら怖すぎる……。


……しかし、最近どうにも私好みではなくなっている作品でもあります。

というのも、その顔芸がウケた為か、真面目なバトルシーンでもしばしばそういった顔や、ノリが見受けられ、全体的に緊張感が薄れているのです。

ギャグバトルになった瞬間、この漫画はただのアイヌ料理漫画になってしまいます。
そうはならないでほしいと、せつに願います。






今回は3作品を紹介しましたが、また思い出せば追記していこうと思います。


テーマ : 漫画 - ジャンル : アニメ・コミック

2016年の夏アニメ

ほとんどのアニメも1クール終わり、新しいアニメが始まる季節ですね。


前期で一番おもしろかったのは――
ふらいんぐうぃっち
news_xlarge_flyingwitch_key1.jpg
この一択ですね。

感想・評価に関しては、以前記事に書いたときと変わっていませんので割愛。
やはり1話からずっと変わらないおもしろさでした。

ただ、原作の漫画が1年に1巻ペースでしか出ないのが残念なところ……。
既刊4巻なので、2期はギリギリ作れるか?

まあ、なんにしてもこれを超える日常アニメはしばらく出ないかもしれませんね。



逆に、一番期待ハズレだったのが――
甲鉄城のカバネリ
CZclVpVUAAAnnCO.jpg
序盤はよかったのですが、敵対するキャラが出てきてから一気につまらなくなりましたね。

「頭の良さそうな悪役」というのは非常に好みなのですが、復讐の動機が弱すぎて、思想の無いただのイカれた人に見えてしまった。
また、物語の核である「カバネ」という存在にも一切触れられず、有名なスタッフが集まりすぎて着地点を間違った。
そんな印象のアニメでした。惜しい。


他には、
くまみこ
ジョーカーゲーム
坂本ですが?
田中くんはいつもけだるげ
なんかは最後まで視聴しましたが、まあ可もなく不可もなくといったところでしたね。


未視聴の中では、
ゼロから始める異世界生活
が話題だったようですが、「主人公が好きになれない」という意見を多く目にしたため、1話も視聴していません。






また、今期始まるアニメでは――
モブサイコ100
ReLIFE
は、始まった当初からずっと漫画で読んでいたので、アニメ化されたのはファンとして素直に嬉しいですね♪

特にオススメは、『ReLIFE
Relife_manga.jpg
ブラック企業に就職してしまい、とあるトラウマを抱えてしまった20代の主人公。
それがキッカケで就職活動もうまくいかない日々。
そんなある日、謎の組織からの使いに、怪しげな薬を渡される。
なんでもそれを飲むと若返り、高校生活をやり直せるのだとか。
興味本位でその薬に手を出した主人公。
翌朝、本当に身体は若返っており……。

というような、コナンくん的な設定。
しかし、べつに組織と対決するわけではなく、むしろ応援してもらいながら人生をやり直すというお話。

この作品のおもしろさは、「言葉選び」ですね。
そのキャラだからこその言葉であり、グッとくるものが多いんです。

そして意外と伏線が多く、ミステリーではありませんが、推理好きは楽しめるかもしれません

漫画としては相当おもしろい部類なので、アニメも期待できるのではないでしょうか?




ちなみに最近、
斉木楠雄のΨ難
1464592858_1_1_6cdc6aa99263b770990ce6b3fae6cfca.jpg
を読んでおもしろかったので、アニメが気になっています。
1話を見たが、5分アニメだったのでおもしろさが伝わらず、正直話題にもならないと予想しているが……。


また、
この美術部には問題がある!
チア男子!!
なんかは漫画で読んだことあるが、べつにおもしろくはなかった。

あまんちゅ!
甘々と稲妻
は1話視聴したが、癖が強すぎるので継続しないと思う。




テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。